通信制高校
    

高校中退から這い上がる為の対策と就職率

高校中退者の就職率

まずはじめに中卒での就職率(正規雇用労働者)は約30%くらいです。
文部科学省や内閣府の発表なので正確だと思われます。

30%というとかなり狭き門です。

なぜ企業は中卒を嫌うのか?
それは中卒=仕事ができないであったり、なにか悪い事情があるのでは?
といった雇う側の勝手なイメージによるものです。
(実際はそんな事無いんですが)

では中卒者は正社員になれない!と悲観する事は有りません。
ここでは具体的な対策を記載します。
私なりの方法論な為、気づきを得られる程度に参考にして貰えれば幸いです。
新芽

高校中退者から這い上がる為の対策

完全歩合で働く

社会で働くには経験が必須です!
就職活動を頑張り(100社)以上受けた後雇われなければ、完全歩合で働いてスキルを磨く方が手っ取り早いです。
そこで完全歩合で組織の仲間に入れて貰い働くことでスキルが身に就きます。
営業職では完全歩合で働かせてくれる所はあります。

またスキルが身に就くアルバイトでも良いと思います。
例えばウェブデザイン会社のアルバイト等です。
専門技術を身に就ければ就職に強くなります。

ここで言いたい事は目の前の利益(直ぐに正社員を目指す)のでは無く、長い目で見た利益(バイト→正社員)といった考えで行動した方が良い、また近道だという事です。

高卒資格を取る

高卒資格を取り大学又は専門学校に通う!
高卒資格って言うのは大学、専門学校等の受験資格に過ぎないと私は思っています。

なぜ大学や専門学校を出ている方が就職に有利なのか?
それはその分野に対しての知識が豊富な為です。
大学や専門学校はその分野でのスペシャリストから技術を学べます。
世間では遊んでるイメージが強いですが、やる事をやらなければ卒業できない為卒業者にはそれだけの知識がついているのです。

またその業界の人脈がつくれる為、就職が有利になるのです。

絶対這い上がる気持ちが大切

中卒で就職できない→フリーターのまま就職しない。
という方は結構います。
人間は現状維持が大好きです。
でもこれだと年をとってから後悔します。
正社員だけが全てでは無いですが、スキルを身に就けると言った点で正社員は有利です。

なので正社員になるために上記の2つの方法は遠回りの様に思えて実は近道だったりします。

最後は絶対這い上がるといった気持ちで全力で行動するのみです。
全力で行動すれば道は見えてきます。
そのうえで上記の記事がヒントになれば幸いです。

この記事はお役に立ちましたか?

はてなブックマークに追加

関連記事

通信制高校資料

沢山の通信制高校の資料を請求して自分にあった学校を探そう!
通信制高校の一括資料請求できるサイトのまとめを読む




このページの先頭へ

ページの先頭へ