通信制高校
    

高校生の子どもが不登校になった時の対策方法

高校生の不登校

不登校高校生

高校生の息子、娘が不登校になった!親としては心配ですよね。「どう対応したらよいのか?」 「どうすれば以前の様に高校に通ってくれるのか?」など悩みが増えるかと思います。 私自身も学校に行きたくない人間でした。不登校まではいってませんが高校に行かない日は多かったと思います。 その後うつになり引きこもりも経験しました。このような経験から保護者の方に私なりの抜け出し方やアドバイスを 行って行きたいと思います。基本的には子どもが不登校になった原因を 探り一緒に解決方法を探すといったスタンスですが、保護者の方にとって ヒントや参考になれば幸いです。

不登校になった原因はなに?

まず子どもが不登校になった原因は何でしょうか?いじめ、病気、先生が合わない、 勉強についていけない、非行など原因はなにかしらあると思います。その原因を紙に書き出し 深く考えましょう。ここでは子どもと会話をする際メモを取ると良いと思います。 何気ない会話の中に不登校になった原因がわかる可能性があります。 原因が少しわかってきたら次にタイプごとに対策方法を考えていきます。

無気力で不登校の場合

友人関係や日常生活には問題ないのに不登校になるケースが無気力感、ある日徐々に不登校になって いき気付けば家でゲーム三昧の日々といったパターンですね。この場合は何も原因が無いと思うでしょうが、 実際何も原因が無いとは言い切れないと 思います。親が子供に対ししっかり意見を聞く事が重要です。 「どうして学校に行かないのか?」「今後どうやって生きたいのか?」 「今、何をどんな風に考えているのか?」「何をして欲しいのか?」などの話し合いは必要です。 そしてどういった気持ちかを聞きだしたら、選択肢を与えてあげる事が重要だと思います。
例えば通信制高校であれば全日制の様に毎日登校する必要はなく、週○日通学といった選択肢も あります。習い事をさせても良いでしょう。現状好きな事を行っている事に本人は満足しているかも 知れませんが将来周りが就職や進学する中で本人が不安に感じていく日々を送る事は間違いないと 思うので早めに通常の日常生活に戻してあげる事が大切です。

病気で不登校になった場合

不登校の原因として考えられる中で最も多いのが病気だと言われています。無気力感やうつですね。 病気と言っても様々ありますが、精神病等の場合は無理に高校に行かせると病気が悪化する可能性は 高いです。精神病って生まれつきの性格や遺伝からくるものと思われている方も多いかも知れませんが、 誰にでも起こりうる病気です。もちろん遺伝も少しはあるみたいですが殆どの場合は神経伝達物質の乱れが 原因でおこると言われています。医学的根拠は無いみたいですがセロトニンといった脳内ホルモンが 不足しておこるとも言われています。それにより無気力、息をする事もしんどい、悲観的になる、などの症状が 現れると言われています。脳内ホルモンが少ない状態で無理をさせる事は危険で病院に相談し ゆっくり休まれる環境づくりが大切です。

親として出来る事は

親として出来る事は
1、病院を探す
2、学校の先生に相談する
3、焦らずゆっくり回復を待つ
といったところでしょうか?病院は精神科や心療内科で見て貰いそれに加えカウンセラーに見て貰う事も 重要だと思います。病院とは違いカウンセリングは精神治療に有効な過ごし方や呼吸法なども教えてくれる為 おすすめです。
次に学校の先生に相談するですがこれは休学するのか?他の学校に行くのか?などなにか良い方法は他に あるのかなど解決に向けての相談を行います。
3、の焦らずゆっくり回復を待つですが、これは本当に重要で焦って回復させようとするとかえって 症状が悪化する可能性が高いです。よって焦らずに回復するのを待つ事が重要なのですが、 なにもしないのではなく、病気に効く食事を作るであったり、病気に効く呼吸法や有酸素運動を 一緒に行ってあげる事は大切だと思います。因みにうつの場合はバナナジュースは良いと思います。 セロトニンを作る材料、トリプトファンやビタミンB6が含まれている為。

いじめが原因で不登校になった場合

いじめが原因で不登校になるケースもあると思います。この場合は対応が難しいのですが、 こどもに愛をもって話、解決方法を一緒に考えていく事が大切だと思います。
私自身がいじめにあった際親にとって欲しかった対応を上げると
いじめを受けている事を知られたくなかった為、いじめの事については触れないで欲しいと思って いました・・・ただほっておくのも危険なので学校の先生に相談するかいじめの専門家等に相談すると 良いと思います。例えば児童相談所などです。学校の先生は先生により子供のいじめをクラスに公開し いじめをやめさせる事を指導する先生もいる為気を付けた方が良いと思います。よって児童相談所 に相談するのが良いのかなっと個人的には思います。

勉強についていけない

勉強についていけなくなり不登校になるケースもあります。これは進学校にいかれている お子さんに多い傾向があります。この場合焦らず回復を待つ事も良いですが高認や通信制高校 を選択する事で自分のペースで勉強でき返って良い大学に進学出来る可能性もあります。 不登校になり高校卒業資格が取れないのはもったいないので自分のペースで勉強を しながら大学進学をすれば良いと思われます。

原因を探り一緒に解決方法を探してあげる事が大切

上記で原因と対策方法を記載していきましたが、親が出来る事は子供の話を聞き原因を探り その対策方法を一緒に考えてあげる事だと思います。子供は大人に比べ知識が少ない分視野が狭いです。 「こういった選択肢もあるよ」「こうすれば上手く楽しくすごせるよ」といった事を教えてあげ 子どもに様々な選択肢を見せてあげる事が不登校の解決に繋がるのではないかと思います。

通信制高校も視野にいれてみては?

子どもが不登校になった場合、通信制高校といった選択肢も考えてみてはどうでしょうか? 通信制高校にはカウンセリングに強い高校、進学に強い高校、技術が学べる高校等様々な 高校があります。また不登校になった生徒が通う事も多く、先生たちはその辺りのケアも 上手な学校が多いです。 どの様な通信制高校があるのか知りたい方はコチラのページを参考にして下さい。
評判の良い通信制高校一覧

通信制高校の資料を請求したい方はコチラ
⇒通信制高校の資料請求はコチラ

はてなブックマークに追加

ページの先頭へ