通信制高校
    

通信制高校の入試ってどんな感じ?

通信制高校の入試


勉強
入学条件としては満15歳を超えている人で中卒資格が必要です(中学卒業見込でも可能)。
年齢の上限は有りませんので様々な年齢層の方が受験されます。

まず願書を提出し受験の申し込みが必要です。

試験内容は
1、書類選考のみ
2、書類選考と面接
3、書類選考と面接と作文
4、書類選考と面接と学力試験


一般的には公立高校は書類選考+面接+作文か学力試験を採用している所が多く。
私立は書類選考と面接の所が多いです。
志望先の資料などを集め入試内容は調べましょう。

転校や編入、入学時期ついて

公立高校は一般的には4月で欠員が出た場合9月頃に転入や編入(退学したり転校した人がもう一度高校に入りなおす事)があります。

私立の場合は入学が4月7月10月1月に受け入れている所が多く
転入や編入は随時受け入れている所が多いです。

入学試験の難易度

学校にもよりますが基本的には入学できます。
本人の志望意思を確認する試験が多く簡単に質疑応答対策や勉強をしておけば問題ないでしょう。
(例えばなぜそこに入りたいのか考えて答えを口に出し話す練習)

勉強が苦手な方へアドバイス

勉強って基本反復練習です。
要するに暗記しておけばほとんどの問題は解けます。
その暗記ですが、人間は時間が立つにつれ忘れる為今日覚えたことは明日もやる、次に1週間後
次に1か月後に復習する。こうする事で頭の深くに記憶されます。
よって問題も解けるようになります。
私たちは文字が読めます。これは日々同じことを繰り返しているから記憶され読めるようになるのです。勉強も同じことです。
勉強は出来るようになれば結構楽しいものですよ。楽しんで勉強してくださいね!
はてなブックマークに追加

関連記事

通信制高校の疑問を解決

通信制高校資料

沢山の通信制高校の資料を請求して自分にあった学校を探そう!
通信制高校の一括資料請求できるサイトのまとめを読む




このページの先頭へ

ページの先頭へ