通信制高校
    

通信制高校の入学から卒業までの流れ

基本的な流れ

通信制高校といえども基本的な流れは全日制と一緒で試験→入学→在学→卒業となる。
詳しくは下記の項目ごとに記載していきます。学生

試験

入学試験の内容は学校により様々ですが、面接や書類審査、作文などで選考する所が多いです。

基本的に試験難易度は簡単な所が多く、「高校卒業資格が欲しい!」「高校を卒業したい!」
といった本人の熱意で合否を決めている学校が多い点が特徴です。

なので対策として自分の熱意などを文章や面接で伝える努力はしておいた方が良いでしょう。

入学

通信制高校に入る為のルートは基本的に3つに分かれてます!
新入学・・・はじめて高等学校に通う人が対象
転入・・・現在高校に在学中の人が対象
編入・・・過去に高校に入学し中退した人が対象

入学時期は学校により様々ですが
新入学は4月または10月
転入は随時
編入は4月または10月に入学時期が多いです

よって行きたい高校が決まり次第学校のHPや資料などを見て入学時期を調べておく事が大切です。
また転入の際は在学中の学校に書類を提出してもらう必要がある為決まったらすぐ担任の先生に相談しよう!

在学中

在学中はいろいろ模索しながら色々な事に挑戦した方が良いと思います。
通信制高校は全日制よりも自主性が求められます。
自分次第で色々な事に挑戦できる点が通信制高校の魅力なので、在学中には色々挑戦して欲しいと
思っています。

マスコット

卒業

晴れて卒業です!

現在の通信制高校の進路は様々ですが、平成25年度の文部科学省のデータによると
大学進学17%
専門学校進学22%
就職15%
その他46%となっています。
その他の中にはお笑い芸人になったり、ミュージシャンやサッカー選手なんかもいて様々です。

通信制高校卒業=就職と言った昔のイメージとは随分変わってきており、通信制高校から東大合格者も
でています。

なので在学中にどれだけ挑戦するかによって未来はいくらでもありますって事ですね!
はてなブックマークに追加

関連記事

通信制高校の疑問を解決

通信制高校資料

沢山の通信制高校の資料を請求して自分にあった学校を探そう!
通信制高校の一括資料請求できるサイトのまとめを読む




このページの先頭へ

  

ページの先頭へ