通信制高校
    

大学進学に強い通信制高校一覧

進学に強い通信制高校!

はじめに

最近は少子化の為大学全入制時代とも言われ、大学に進学したければ誰でも進学できる時代になっていますが、勉強せずに大学へ進学しても何の意味もありません。

専門学校でも一緒です。高校卒業過程で得られる読解力、英文読解、計算を軸に専門分野生物、地学、物理、歴史などなど様々な基礎が将来他の分野で生きてきます。

また高い授業料を払うわけですから、ある程度質の高い授業を受けた方が将来的に役立つので、勉強して自分の行きたい大学や専門学校へ進学する事をおすすめします。

備考ですが有名大学はキャンパスが大きく綺麗で設備が充実しています。ドラマのようなキャンパスライフを味わうことが可能です。 とりあえず進学したい人は高校入学時から勉強しておこう!といった事をはじめに伝えておきます。

学生

大学進学に強い通信制高校ってどこ?

通信制高校の中にも進学校はあります。このようなタイプの学校は高校卒業は最低限の目標です。進学する事をメインに考え学習プランが組まれています。

進学校を選ぶ際注意して欲しい点は
1、ここ数年のその学校の進学先は?
2、ここ数年の進学率は?
3、授業はマンツーマンか?グループか?

等の点に注意し調べましょう!
私が調べた進学に強い通信制高校は

ルネサンス高等学校

ルネサンス高等学校は進学に強いと言われている学校で大阪大学や横浜国立大学、早稲田、慶応と言った有名大学に合格している卒業生も多数いる学校です!進学コースが充実しており進路指導から受験対策、指定校推薦などのサポートも充実している学校です。将来進学を考えている方はチェックしておいて損は無い高校です。
過去の進学実績・・・大阪大学、横浜国立大学、電気通信大学、札幌市立大学、奈良女子大学、防衛医科大、 早稲田大学、慶應義塾大学、上智大学、明治大学、立教大学、中央大学、法政大学、関西学院大学、関西大学、同志社大学、立命館大学、日本大学等

⇒ルネサンス高等学校詳細はコチラ

中央高等学院

中央高等学院はサポート校になりますがサポート校の中でも際立つ進学率の高さを誇る学校です。教科ごとのレベル別講座と個別補習がしっかりしており国公立大学~医歯薬系の大学にも対応しています。またサポート校の中で大学合格率ナンバー1に輝いた事もある学校です!
過去の進学実績・・・岩手大、国立看護大、埼玉大、筑波大、信州大、千葉大、北海道大、横浜市立大、宮崎大、山形大、明治大、同志社等

⇒中央高等学院詳細はコチラ

第一学院高等学校

私個人のオススメですが第一学院も進学に強い学校です!第一学院は経産省にも賞をもらった独自の教育システムを採用しておりその教育システムで意欲を高め進学に向けて頑張るといった学校です。合格実績には京大や早稲田など有名大学に多数合格者を輩出しています。他にも進学に強いと言われている学校です。参考にしてください。その他にも以下の学校が進学実績の良い学校です。それぞれの高校をチェックしてみると良いと思います。
過去の進学実績・・・京大、九州大、早稲田、明治大、国士舘、関大、立命館、同志社、龍谷大学、秋田大 青山学院大学、愛媛大学、大阪府立大学等

⇒第一学院高等学校詳細はコチラ

一ッ葉高等学校

進学を意識した授業が魅力で、基本は少人数制の授業と個別指導で大学進学を目指す通信制高校です。ベネッセコーポレーションの模試を活用し早いうちから受験対策ができます。
また進学の老舗校である一ッ葉高校は膨大な過去の合格者データから合格ノウハウや受験対策を行っている為、難関大学に多数の生徒が合格しています!大学進学を目指している方にはおすすめ出来る学校です。
過去の進学実績・・・京都大学、東京工業大学、島根大学、早稲田大学、慶応義塾大学、東京理科大学、明治大学、法政大学、立命館大学、関西大学、近畿大学、日本大学、福岡大学、中村学園大学、帝京大学、多摩大学、熊本学園大学、久留米大学、崇城大学、京都造形芸術大学、昭和音楽大学、女子美術大学、淑徳大学、江戸川大学、駿河台大学、梅光学院大学、九州女子大学 等

⇒一ッ葉高等学校高等学校詳細はコチラ

さくら国際高等学校

さくら国際高等学校の進学コースでは、2年次からそれぞれ専門のコースに分かれ、総合進学コース、理系コース、文系コースに分かれます。合格実績も高く、進学向きの通信制高校です。
過去の進学実績・・・東京大学、京都大学、東京外国語大学、筑波大学、東京学芸大学、東京工業大学、信州大学、新潟大学、宮崎大学、北見工業大学、広島大学 、早稲田大学、慶應義塾大学、上智大学、東邦大学(医)、杏林大学、東京女子医大学、東海大学(医)、帝京大学(医)、遼寧中医薬大学、中医医科大学(医)、立教大学、明治大学、東京理科大学、中央大学、学習院大学、青山学院大学、京都美術工芸大学、他多数実績あり

⇒さくら国際高等学校詳細はコチラ

進学校といえども

進学校と言えども週5日は自宅で勉強した方が良いです。多くの人は受験シーズンに入ってから勉強を始めますが、 大学受験は勉強量も多く大変です。

私の場合、受験シーズンよりちょっと遅く勉強を始めた為1浪しました。結果、約1年半勉強する羽目になりました(笑)浪人ってその当時は結構辛いです。このような事にならない為に、毎日1時間程度で良いので勉強する事をオススメします。

まとめ

1、進学を考えている方は高校以外でも勉強は行う事(自宅勉強でも良い)
2、その学校の進学率、進学先、サポート体制は調べる事
(進学に強いと宣伝していても実は進学率が低い学校はあります。その辺りは詳しく調べ選択しましょう。
この点に注意し自分にあった通信制高校を選んでくださいね。

通信制高校資料

沢山の通信制高校の資料を請求して自分にあった学校を探そう!
通信制高校を一括資料請求できるサイトを見てみる!

ページの先頭へ